高木のブログ

【Mac】goenvでGoをインストールする

2021/10/15

Goをちょっと書くことになったので、goenvでインストールした
名前からわかるようにrbenvやpyenvを真似して作ってるみたいで、基本的に使い方は同じ

Goは後方互換性が担保されているからHomeBrewで最新バージョンに上げ続ければいいらしいけど、バージョン管理できた方が何かと楽なのでgoenvを使った

環境

  • macOS Big Sur 11.5.1
  • zsh 5.8 (x86_64-apple-darwin20.0)

手順

goenv/INSTALL.mdに書いてある手順

goenvのインストール

goenvはHomebrewでもインストールできるけど、Goの最新バージョンを取得できないことがあるっぽいのでgitから落としてくる方法を選んだ

git clone

$ git clone https://github.com/syndbg/goenv.git ~/.goenv

パスを通す

$ vim ~/.zshrc

以下の5行を追記

.zshrc
export GOENV_ROOT="$HOME/.goenv"
export PATH="$GOENV_ROOT/bin:$PATH"
eval "$(goenv init -)"
export PATH="$GOROOT/bin:$PATH"
export PATH="$PATH:$GOPATH/bin"
$ source ~/.zshrc

確認

$ goenv -v
goenv 2.0.0beta11

Goのインストール

インストール可能なバージョンを確認

$ goenv install -l
Available versions:
  1.2.2
  1.3.0
  1.3.1
  ...
  1.17.1
  1.17.2

インストールとシステム全体に反映

現時点で最新の1.17.2を入れる

$ goenv install 1.17.2
$ goenv global 1.17.2

確認

$ go version
go version go1.17.2 darwin/amd64

参考


ytkg

Written by ytkg, Twitter, GitHub