高木のブログ

GASにおけるパスワード等の機密情報の取り扱い方

2020/08/12

GASでパスワードやトークンなどをハードコーディングしたくなかったので、環境変数的なものに格納する方法を調べた
PropertiesServiceを使うといいらしい

使い方

値の登録

[ファイル]→[プロジェクトのプロパティ]→[スクリプトのプロパティ]

値の登録

値の取得

PropertiesService.getScriptProperties().getProperty("ID");
// => hoge

PropertiesService.getScriptProperties().getProperty("PASSWORD");
// => test1234

一括取得

長いし、複数ある場合はgetProperties()でまとめて取得するのが良さそう

const properties = PropertiesService.getScriptProperties().getProperties();
properties.ID // => hoge
properties.PASSWORD // => test1234

本来の使い方

キーバリューストアなので、スクリプトから値の保存や削除もできる

const scriptProperties = PropertiesService.getScriptProperties();
scriptProperties.setProperty("key", "value"); // 保存
scriptProperties.getProperty("key"); // 取得
scriptProperties.deleteProperty("key"); // 削除

参考


Pixela