高木のブログ

MacBook Proが壊れたので修理に出した

2021/08/13

先日、MacBook Proを修理に出して無事に返ってきたので、自分のためと同じ状況の人の参考になればいいなと思い記録を残しておく

修理の依頼方法として以下の4つの手段があり、今回は正規サービスプロバイダのカメラのキタムラに持ち込んで修理してもらった

  • Apple Storeに持ち込んで修理してもらう
  • Apple リペアセンターに配送して修理してもらう
  • Apple 正規サービスプロバイダに持ち込んで修理してもらう
  • Apple製品の非正規修理ショップに持ち込んで修理してもらう

マシンのスペックと症状

マシン

MacBook Pro (15-inch, 2018)
メモリ 32GB
SSD 512GB

症状

  • 電源が入らない
    • 電源ボタンを押してもうんともすんとも言わなくなった(起動する気配すらない)
  • メニューバーのバッテリーのところに「修理サービス推奨」の表示
    • 特に使用上問題なかったので放置してた

修理内容

  • ロジックボード(SSD一体型)の交換
  • トップケース(キーボード、バッテリー一体型)の交換

修理料金

※ AppleCare+ for Macの保証期限切れ状態

  • 部品代 73,300円
  • 技術料 5,000円

合計 86,130円

以下の記事を参考にすると部品代の内訳は、ロジックボード60,500円、トップケース12,800円になりそう
アップルストアのMacBook修理代金相場をまとめてみた | 最安修理.com

あまり安くない修理金額だから修理するか迷ったが、使っていたものと同じスペックのMacを買うと40万円コースになってしまうので修理することにした
これであと2,3年は戦っていきたい

修理スケジュール

  • 7/29(木) カメラのキタムラにMacの持ち込み修理依頼
  • 7/31(土) カメラのキタムラより、診断結果の連絡
  • 8/2(月) Apple リペアセンターにMac到着
  • 8/10(火) Apple リペアセンターにて修理完了
  • 8/11(水) カメラのキタムラより、修理完了の連絡
  • 8/11(水) カメラのキタムラでMacの受け取り

Apple リペアセンターは土日祝には稼働していないみたいで合計で2週間弱掛かった

補足

データは消えるのか

ロジックボードを交換する場合、ストレージ一体型なので必ず消える
修理が成功すればワンチャン!とかは絶対ないのでTime Machineなどでバックアップは日頃からしておくべき

修理する手段はどれがおすすめか

正解はないが、個人的な意見としては「Apple リペアセンターに配送して修理してもらう」が一番いいと思う

Apple Storeや正規サービスプロバイダでは修理自体はできず最終的にリペアセンターに送ることになるので、最初から配送修理でリペアセンターに送ってしまった方が早い
今回は早く原因と修理金額を知りたかったので、配送修理ではなく予約の空きがあった近くのカメラのキタムラを選んだ(結局、診断結果が来たのは2日後で意味なかったけど)

ちなみにカメラのキタムラで修理キャンセルする場合、キャンセル料(診断料)が5,500円掛かる
これは診断自体に人件費が掛かっているでしょうがないが、Appleに直接出した場合はキャンセルしてもお金が掛からないかもしれない

Appleに出した場合かなりのレアケースだろうけど、修理代が0円になった実績あり
imacの修理代が神対応で無料に! 保証切れでも対応してくれたアップルサポートは素敵すぎる| ひとり広報


Written by ytkg, Twitter, GitHub

Pixela